目のピント調節機能の低下

視力検査

早めに眼科を受診したい

30代後半から、40代ぐらいの年齢になると、目の水晶体の弾力が無くなってきたり、毛様体の筋肉に負担が掛かってしまい、老眼の症状が見られるようになります。老眼は雑誌や新聞などの小さい文字が読みにくくなったり、眼鏡を掛けている人は、外すと見やすくなります。新聞や本などを話さないと文字が見えないなどの症状が見られます。老眼が疑われる場合は、眼科のクリニックを受診して問診などのチェックを受けて下さい。眼科のクリニックでは、視力検査などの老眼チェックや、診察が受けられるので、病気が診断されることが多いです。現代はパソコンやタブレット、スマートフォンなどを長時間使用している人が増えているため、眼精疲労の原因になったり、老眼の原因になります。10代、20代の若い人も、老眼のような症状が見られることがあるため、早めに眼科で診察などのチェックを受けて下さい。目の疲れを感じたら、パソコンやスマホの視聴を控えるようにしたり、遠くをみたり、ホットタオルで目を温めることも大事です。老眼は老化現象のひとつなので、近視や乱視の人にも見られますが、気になる症状が見られる場合は、眼科でチェックを受けて下さい。無理に細かい文字を見ようとすると、肩こりや頭痛、首の痛みなどの原因になるので、無理をせずに老眼鏡や遠近両用メガネやコンタクトレンズを使用して、視力を矯正することが大事です。現代はお洒落なデザインの老眼鏡が販売されています。

Copyright© 2019 目がおかしいと思ったら老眼かチェック!【早めのチェックが良い】 All Rights Reserved.