目の老化現象の一種

老眼

近くのものが見えにくい

年齢とともに目の機能も少しずつ衰えてきますが、ある程度の年齢になると老眼も気になってきます。老眼のチェック方法としては眼科でのチェックもありますが、自分で行えるチェック方法もあります。わかりやすい症状としては新聞や書籍などの細かい文字が見えづらい、読むときに無意識に手を伸ばしているなどがあげられます。普段眼鏡をかけている人は眼鏡をはずしたほうが近くが見えやすくなることで気づくこともあります。この他では、夕方になると見えづらい、以前より肩こりがひどくなったなどの症状が出ることもあります。老眼は特に目の病気というわけではなく、年齢を重ねることで起こる老化現象のひとつです。最近は若い世代でもパソコンやスマートフォンなどの文字が見えにくいと悩む人も増えていますが、これはいわゆる老眼とは違い、一時的に目の筋肉が一時的にこわばっているからと言われています。様々なチェック方法で、老眼だと感じた場合は対策も行いたいところです。老眼の予防方法としては適度に目を休める、目のストレッチを行うなどがあげられますが、改善が難しい場合は老眼鏡の利用も考えてみましょう。老眼鏡は近くを見やすくするタイプの眼鏡で既製品も販売されています。既製品が合わないと感じる場合はオーダーメイドで視力に合ったものを作るのも良いでしょう。眼科での治療方法としてはモノビジョンレーシックや眼内に多焦点眼内レンズを挿入させる治療などがあります。

Copyright© 2019 目がおかしいと思ったら老眼かチェック!【早めのチェックが良い】 All Rights Reserved.