老眼

方法を試してみよう

老眼かもしれないという初期症状はとても分かりやすいものです。そのチェック方法を確認しておきましょう。そうすれば、自身である程度は確認できます。それに当てはまったらすぐにでも眼科を受診して検査を受けましょう。

加齢で起こる現象

看護師

筋肉が弱まることも理由に

日本人は近眼になりやすい体質を持っていると言われます。そのため子供の頃から、近眼用の眼鏡を着用する姿が見られます。しかし最近ではコンタクトレンズの発達から、近眼なのか判らない人も多くなりました。この近眼と反対に歳を取ることでかかってしまうのが、老眼です。目の中にはレンズと呼ばれる水晶体があります。レンズの厚みを調節することで、ピント合わせる役目を担っています。年齢を増すことで、調節する筋肉の力が衰え、更には水晶体が硬くなることから、起こるのが老眼と言われるものです。一般的には40歳を済んだくらいから45歳くらいにかけてこの症状が出やすくなりますので、チェックを入れておくべきでしょう。ですが最近の傾向として、スマホ老眼と言うものがあります。20代や30代と言った若い人たちに起きている症状で、手元が見にくい・夕方になると物が見にくくなると言った現象になります。老眼と似た症状になることから言われるものですが、目を十分に休ませることが大事なことになるものです。これらの症状が見られる人がチェックを入れた方が良いと思われる理由には、気が付かないまま老眼が進んでしまうことがあるからです。疲れ目かなと感じた時などは、必ずチェックをしてみると良いでしょう。チェックを入れた時近眼の人は近くのものにピントが合うようになっており、裸眼でも近いものは見えます。しかし遠いものにはピントが合わず、ぼやけて見えるようになります。これが老眼と言われるもので遠くを見る時に調整が必要となり、メガネが必要になります。多くの人は近眼のチェックを行っても老眼のチェックはなかなかしないのが現実です。目の疲れを少なくするためにも、早めのチェックが良いと思われます。

視力検査

目のピント調節機能の低下

老眼は水晶体が硬くなったり、毛様体の筋肉に負担が掛かったりしてしまい、目のピント調節機能が低下する病気です。雑誌や新聞などの細かい文字が読みにくくなったり、眼鏡を掛けたりしている人は、少し話すと見やすくなります。早めに眼科で老眼チェックを受けて下さい。

老眼

目の老化現象の一種

自分で行える老眼のチェック方法は細かな文字が読みにくい、夕方になると見えにくいなどがあげられます。より詳しく調べるなら眼科でチェックしてもらうのも良いでしょう。改善策としては老眼鏡が便利ですが、様々な治療方法も登場しています。

老眼

ネット情報を参考にする

老眼のチェック方法はネット上にたくさん載っています。気になり始めた時にすぐにでも確認してみるといいでしょう。もちろん最終的には眼科できちんと調べてもらうことが一番です。早期に分かれば対策もできやすくなります。

視力検査

いつまでも健康な眼を

老眼にならないようにするには、眼の筋肉をトレーニングしたり、できるだけ紫外線を浴びないようにしたりするのが効果的とされています。抗酸化作用のある栄養素を摂取したり、定期的に視力をチェックすることも大切です。

Copyright© 2019 目がおかしいと思ったら老眼かチェック!【早めのチェックが良い】 All Rights Reserved.